おんな城主直虎 視聴率速報と推移

Pocket
LINEで送る

おんな城主直虎 視聴率

こちらはおんな城主直虎の視聴率と推移の一覧表です。

視聴率の速報が出ましたら随時更新します。

先週比は上がった時は青字、下がった時は赤字で表記してます。

平均視聴率は、表の一番下に書いています。

更新情報はツイッターでお受け取り出来ます。

 話  視聴率  先週比  あらすじと感想 
1話16.91話のあらすじと感想
2話15.5-1.42話のあらすじと感想
3話14.3-1.23話のあらすじと感想
4話16.01.74話のあらすじと感想
5話16.005話のあらすじと感想
6話14.5-1.56話のあらすじと感想
7話12.9-1.67話のあらすじと感想
8話13.40.58話のあらすじと感想
9話14.00.69話のあらすじと感想
10話12.5-1.510話のあらすじと感想
11話13.71.211話のあらすじと感想
12話12.9-0.812話のあらすじと感想
13話13.10.213話のあらすじと感想
14話12.9-0.214話のあらすじと感想
15話  15話のあらすじと感想
16話  16話のあらすじと感想
17話  17話のあらすじと感想
18話  18話のあらすじと感想
19話  19話のあらすじと感想
20話  20話のあらすじと感想
21話  21話のあらすじと感想
22話  22話のあらすじと感想
23話  23話のあらすじと感想
24話  24話のあらすじと感想
25話  25話のあらすじと感想
26話  26話のあらすじと感想
27話  27話のあらすじと感想
28話  28話のあらすじと感想
29話  29話のあらすじと感想
30話  30話のあらすじと感想
31話  31話のあらすじと感想
32話  32話のあらすじと感想
33話  33話のあらすじと感想
34話  34話のあらすじと感想
35話  35話のあらすじと感想
36話  36話のあらすじと感想
37話  37話のあらすじと感想
38話  38話のあらすじと感想
39話  39話のあらすじと感想
40話  40話のあらすじと感想
41話  41話のあらすじと感想
42話  42話のあらすじと感想
43話  43話のあらすじと感想
44話  44話のあらすじと感想
45話  45話のあらすじと感想
46話  46話のあらすじと感想
47話  47話のあらすじと感想
48話  48話のあらすじと感想
49話  49話のあらすじと感想
最終話  最終回のあらすじと感想
平均視聴率 14.1%

⇒ネタバレと感想記事の一覧はこちら

⇒キャスト&相関図はこちら

Pocket
LINEで送る

43 Responses to “おんな城主直虎 視聴率速報と推移”

  1. 匿名 より:

    大河ドラマのテーマとして面白みに欠ける。
    キャストキャラクターが無茶苦茶。
    真田丸の方が良かった。
    みる気になれないので早く終わって欲しい。

    • 大河大ファン より:

      全くその通りです。

  2. しばやす より:

     大河ドラマは毎年楽しく見ています。私は真田丸よりも今回の方が戦国時代の非情さが描かれていて好きですね。真田丸は真田太平記を越えられなかったなといういんしょうです。

  3. ひひひ より:

    地元なので、毎週見てます。
    面白いと思うんだけどなー

  4. ひどい より:

    歴史ものとは言えない雑さ加減のストーリー展開。笑止千万
    4月まで持たない(笑

  5. トシ より:

    女城主 直虎 超つまらない!柴咲コウの大根役者ぶりが痛ましく、幼稚園の学芸会のレベル!早く打ち切りにして欲しい!!

    • 渋谷の視聴者 より:

      そのとおりですね…柴崎コウの魅力もキムタクと共演したエアラインのころが旬かな?

  6. ゆう より:

    見る気にならない。なんで選ばれたんやろ、 、

  7. 第9話 なかなか面白かった。 より:

    先回くらいからこの大河を観てる。結構面白い。

    井伊家もほんといろいろ苦労が絶えなかったんだね。

    当主が戦死したら家臣同士の争いが始まる。組織のもつ危うさは今も昔も変わらない。

    次郎は、やっぱり直親がずっと好きだったんだね。直親もきっとそうだろう。その直親と妻のしのが千賀に跡継ぎが生まれたと告げた時の次郎の複雑な表情。次郎の直親を慕う気持ちが不憫だ。

    しかし、その子を後に次郎が徳川四天王の一人とまで呼ばれる当主として育てあげることになる。

    この大河、地味だけど、歴史を題材にして、人が織りなす複雑なこの世のからくりをみているようでなかなか面白い。

  8. マサブーより より:

    今までの大河ドラマは上から目線での物語でしたが
    直虎は下から目線のドラマであり有名な井伊家の前
    の時代のドラマでもあり、井伊家を途絶えさせまいとする
    戦国時代の小さなあわよくば潰れてしまう豪族の物語
    で今の世でも通用するドラマではないかと思う。
    みなさん見てね。

  9. 卓越したオープニング より:

    今回の大河ドラマ、オープニング画像がとても素晴らしい。

    兜に花が添えられているところから花は女性の象徴なのだろう。曲にのって展開するその画像は、花々のもつ色とりどりの美しさ、繊細さ、強さ、逞しさを感動的にスピード感をもって描写している。

    小さな柔らかい緑の芽をだし、土深く根を張って、見事に大地に実っていく花々。儚く見えて、実はとても逞しい。

    このオープニング、素晴らしい映像技術とセンスが結集されていると見るたびに感動している。

  10. えりこ より:

    ここで春馬君がいなくなってしまうのが残念!第11話、とっても良かった!この回は、永久保存させていただきます。

  11. おんなの中のおとこ より:

    奥山を殺めてしまった正次の窮状を何とか救おうと奔走するところといい、たった一人の同性の友、瀬名の命が危ないと知るや、何とか助けたいと今川の寿桂尼のところに乗り込んでいくところといい、次郎法師は、男気と正義感のある一途な女性のようだ。

    そういう、女でありながら、男のような猛々しさを秘めたところに、直親も直次も惹かれているのかもしれない。

    この一連の出来事は、いずれ、井伊家を支える女当主としての直虎の内面を描写している大事な場面展開だ。

    この大河ドラマ、単なる従来の女性像を覆すような、これからの時代に必要とされる女性のイメージを作り上げようとしているのではないか。

    10~11話を観ていてそう思った。

  12. 名無しの(´・ω・`)さん より:

    私は恋愛重視のノリが苦手なんですけど
    直虎は戦国の小藩の立場の弱さ、お家こそ一番という厳しさが丁度良くて面白いです!!
    視聴率悪いみたいですけど勿体ないなあ…
    最近の大河では一番ですよ。
    「三河のぼんやり」が実は冷酷な面を持ち合わせてるところとか、戦国のひんやりした人物像もとっても良いです。

  13. 11話 言葉の威力 より:

    「戻ったら、一緒になってくれ」という直親の次郎への言葉。もう死ぬ覚悟ができている直親の次郎への本心だろう。次郎もこれが最後と思っているから本心でそれに応えた…..。

    お家のためには己の命は惜しくない、だが、愛する人には本心を打ち明けたい。次郎と一緒になりたかったのだという直親の切ない気持ちが伝わる場面だった。

    次郎は恐らく、この直親の言葉が、これからの自分の「心の支え」となって、井伊家を守っていくことになるのかも知れない。

    恋愛を単なる恋愛で終わらせない。人の成長にどのように影響していくかそれを描いていくところも大河の見応えの一つだろう。

  14. 政次...... より:

    奥山を殺した自分を責めもせず、信じてくれた幼馴染みの直親を裏切った政次。

    真っ直ぐな気持ちで井伊家に仕えたくとも、嫌が上にも背負わなければならない父の影。

    政次の心の中にある闇は、どれほど複雑で深く悲しいものだろう。

    その苦しみを高橋一生という役者は、見事に演じている。

    直虎と政次は、ちょうど「光」と「影」のような対照的な存在のようだ。

    真っ直ぐな心と正義感で井伊家を守り抜く直虎と、心に負い目をもちながらも不本意な行動をとり、あげくは破滅していく政次とが今後どのような絡みを見せていくのか、とても楽しみだ。

  15. 大河大ファン より:

    バカバカしくて見てられない。題材が最悪。ずーと大河を見てきたが、今回は、最悪だ。大河ファンを馬鹿にするな。

  16. 寿桂尼 より:

    この役を演じる朝丘ルリ子さんは、日本を代表する大女優の一人だ。

    子役から始まった彼女の演技力は、これまで、さまざまな映画、テレビ、舞台の役を通して、実証済みだろう。

    今回、寿桂尼役を演じている彼女の演技には、風格がある。そして静かな凄みがある。

    寿桂尼という戦国時代の名家を陰で支えた女性の誇りと自信、そして何としても今川を守り抜くという意地が、余計な描写を入れずとも、せりふ回しの一つ一つに表れ、自然に伝わってくる。

    役と一体化している違和感のない演技は、観る側を無意識にその役に感情移入させてくれる。

    今回、大河ドラマの主役である柴崎コウさん。顔力もあるし、演技も悪くない。しかし、自然に感情移入できるか、と言われれば、残念ながら、ばっちりとは言えないところがある。

    これから、いよいよ、直虎が当主として、伊井家を守っていくようになるようだが、その当主としての雰囲気が、せりふや演技にどう投影されていくか、観る側として、興味深いところだ。

  17. 怪しい歴史?史実? より:

    まず、迫力に欠けるこれまでのものに比べ。作り込み過ぎ、現代人ではないでしょう。
    あの主人公ヘアー、美容院行った?ミスマッチ、脚本はドラマ作家?なんか勝手に歴史使ってないかな。やるせない

  18. 大河大好きファンより より:

    大河は録画して何回も見ている者です。録画だけでなく、関連本、歴史書もひっくり返して大河関連テーマは通常は猛勉強してきました。そのため大河があると関連テーマに関してはうんちくたれるほどでした。

    しかし、しかし、今回の柴崎コウには参りました。何と大根なのかと。。。テーマとしてはいいと思いますが、柴崎のあまりの大根演技にもう我慢できずで、見るのを止めてしまいました。妻も耐えられないと止めてしまったようです。夫婦そろって同じことを考えていて、僕はホッとしましたよ。

    本当に彼女の演技が酷過ぎて見てられない。どうしてこんな役者を選んだのかと残念です。テーマ関連本、たくさん買い漁ったのにな~。

    テーマが悪くなくても、主人公が大根ならば見れないという。。。

    とても残念です。

  19. 直親..... より:

    過酷な戦国の時代に生きる武士、しかも小さいながらも井伊家の当主だ。凛として、強いところがもっとほしかった。心が優しい、人を疑うことを潔しとしない性格は伝わる。しかし、それだけでは物足りない。

    高橋一生の政次と三浦春馬の直親。目力だけを見ても、政次の方が、強烈なインパクトがある。心の中の迷いや決意が、目に明確に表れている。役どころは違うとしても、直親には、最後までそれを感じなかった。

    この二人の登場人物の違いを明確にもっと打ち出してほしかった。
    実直な人間のもつ強さが直親にほしかった。
    それが、おとわが強く直親を慕う気持ちの裏付けになるところだろう。

    この直親を若いころの渡辺謙が演じていたら、もっと全体がひきしまっていたのではないかと思う。

    戦国時代は、死を覚悟して生きている時代だ。それが、雰囲気で出せない役者は、大河では物足りなさしか残らない。

  20. 基本的なこと。 より:

    将来性があると思うから感じたままを言わせてもらう。

    瀬名役の菜々緒さん。滑舌悪く、表情が乏しい。トレンディ―ドラマならまだ通用するだろうが、小手先のごまかしが効かない大河ドラマでは、せりふが下手というだけで、しらけてしまう。

    佐名役のまりさんは、やはりさすがだ。この人には、天性の勘と努力の上に作り上げた演技力がある。宝塚の元女役トップスターだけあって貫禄の演技。やっと、大河でその演技を楽しませてもらえるとは、うれしい限り。

    朝ドラとは違い、大河ドラマに、新人だからこの演技力で仕方がないは通用しないだろう。せりふのへたな役者の演技を見ることぐらい不快なことはない。

    菜々緒さんの今後の演技に期待する。

  21. 井伊直猫 より:

    今のところあまり面白くない
    だが来年はもっと面白くなさそう

  22. マサブーより より:

    私は地元なのですが
    この大河ドラマの直虎という人物はほとんど知りませんでしたが
    直虎以前の井伊家が井伊谷の地で500年続いていた名家だった
    事も知ってほしいですね。

    また4世紀中ごろからの古墳が有りその系列が井伊家に繋がる
    との神話も有りまこと見応えのある地です。
    直虎も見てね。

  23. 嫌いじゃないよ、直虎。 より:

    直虎が我れが当主だと宣言するために、廊下を男のように外またで、どんどんどんと歩くシーンがアップで映ってたけど、これから直虎は、立ち居振る舞いが男のような女性になるんだろうか。

    もしそうなら、死んだ直親と一心同体だということかな。

    だけど、あの徳川の名将、直政を輩出した井伊家が名家とはいえ、こんな度重なる犠牲を払ってきたなんて、それだけで涙ものだ。。。

  24. こてつ より:

    日曜日、夜は結構忙しい。
    録画してみたり
    再放送みたりしているひともいるよ

    視聴率のみで、作品評価するのは
    おかしい

    主人公が、優秀なヒーローではないところが面白い
    登場人物に、興味がわき
    歴史を調べるきっかけになった

    これからも楽しみにしている

  25. 悪か善か。。。 より:

    失敗しながらも、一生懸命、問題を解決しようとする直虎が、時に愛おしくなる。

    しかし、政次は、史実では、父子して井伊家を乗っ取ろうとしたようだが、このドラマでは、伊井家を結果的に助ける役回りになるんだろうか。

    悪役なら悪役でいい。きっと見応えがあるだろうから。。

  26. 第13回 向かい風もなんのその。。。 より:

    初めて、また観たいと思った、内容の濃い回だった。

    これまでの慣習にとらわれない、ものの本質を見抜く力をもち、周囲をあきれさせながらも自分の考えを実行していく直虎。

    農民の老女が差し出した饅頭を手に取ろうとしたとき、その土にまみれて節くれだった老女の手をみて、汚いと振り払いもせず、伊井家はこれに支えられていると悟る直虎。

    その老女の手から渡された饅頭をおいしそうにほおばる直虎に、伊井家再興の未来を見た。

    さすが、南渓和尚、次郎の内に秘める力を見抜いていたんだな。

    そしてまた、役者がみんないい演技をしている。

    また、観ようっと。

  27. 孤独な領主、直虎 より:

    直虎が、農民たちから徳政令を出してくれと嘆願された時、その窮状を察して、「わかった、徳政令を出そう!」とその場で即、願いを受け入れ、そばにいた家臣から呆れられる場面を見て、「真田丸」の上杉景勝を思い出した。

    景勝も、民の窮状を察し、その場で相手の願いを引き受けてしまう、心の優しい領主だった。しかし、実際にその帳尻を合わせたのは、重臣である有能な兼続や家来たちだ。景勝は、ただ引き受けたと言っただけで、何もしなかった。うるんだ目で心を悩ますだけだった。

    直虎はどうか。
    今の直虎には、手を貸し、知恵を一緒にしぼり、問題を解決してくれる家臣は一人もいない。しかも、油断すれば、今川につぶされる危険がある。崖っぷちの直虎。その直虎を支えているのは、何としても井伊家を守りぬくという強い一念だけだ。

    そこに方久が現れる。
    方久は、どん底から這い上がって財を成した人間だ。恐らく、人並み以上の鋭い損得の嗅覚をもち、目の前にいる者が自分にとって利があるかどうか、瞬時に見抜く力を持っているはずだ。貧しい百姓から天下人に上りつめた秀吉のように。その方久が、直虎が抱えている窮状を救うヒントを与える。そして、直虎は、徳政令を出さずに、農民たちを救う妙案を考えつく。

    人から蔑まれながら、孤独に日々を生き、己一人を頼りに生きてきた方久は、これまでの常識に囚われず事にあたろうと孤軍奮闘する直虎に共感を覚え、また同時に心を動かされるほどのエネルギーを感じたように見えた。

    今、高いところから井伊家を見下ろして、機会があれば息の根を止めてやろうと虎視眈々と狙っている今川の寿桂尼。いずれ、彼女は直虎が軽んじる相手ではないことがわかってくるだろう。

    政次を挟んで、老獪な寿桂尼と新米城主の直虎がどのような展開をこれから見せてくれるのか、興味が尽きないところだ。

    直虎役の柴崎コウさん、役にハマっている。

  28. 本心は..... より:

    感情を表にほとんど出さず、ことを進めていく政次。しかし、直虎に接する時、あるいはそばにいる時、政次が一瞬見せるその微かな表情に、彼女への変わらぬ恋情が垣間見える。

    目付ではあるが、彼の本心は、城主となった幼馴染みを助けて、一緒に井伊家を守っていきたいという思いだろう。そして直虎も、何より、政次の力を借りたいと本当は思っているはずだ。幼い頃から心を通わせ、お互いをよく知っている仲なのだ。

    政次の、人知れず刀を抜いて、鋭く空を切る一連の所作は、おとわへの思いを消し、本来の目的を果たすための彼流の儀式なのかもしれない。

    そして、直虎も、気を張って、冷たい態度を見せているが、心の奥底では、そんな政次に、甘えたいのかもしれない。

  29. 井伊家は大変だけど、面白い。 より:

    直虎のやることにいちいち腹を立てたり、おなごは所詮…と馬鹿にしたり、挙句の果てには、直虎に仕えるのは嫌だと叫んで話の最中に勝手にでていくあたり、元気いいけど、なにかと足をひっぱる直之さん。きっとこの人は、心の中で、武士でもないど素人の次郎より、自分の方が井伊家の領主にずっとふさわしいと思ってるんだろうな。

    六左ェ門といい直之といい、二人がいい味だしてて面白い。

  30. 二頭の龍が彫られた硯は何かの象徴か? より:

    方久が、領主になった直虎に挨拶に参上した際、代替わりの祝いの品として、二頭の龍が彫られた立派な硯を贈ったが、硯でなくても、もっとインパクトのある豪華な品物があっただろうに、なぜ、敢えて、硯を贈ったのだろうか。

    方久は、領主さまはりっぱな字を書かなければなりませんと言ったが、方久自身は、今まで書に親しむこととは無縁に過ごしてきた人物だろう。方久の生い立ちと価値観からはおよそ結びつかない祝いの品だ。

    直虎がその硯で墨をすり、何かを書くときは、方久が何らかの影響を及ぼしているか、あるいは関わっていることを示唆しているのだろうか。今後が気になるところだ。

    それにしても、直之って、アニメのピュンピュン丸によく似てるな。。。

  31. 面白い より:

    本当に面白くて毎回楽しみ。

  32. よく見ると...... より:

    方久が直虎に贈った硯は龍が彫られているんじゃなくて、虎が彫られているのかも。

  33. それでーいいのや より:

    地元の人だもんで、毎回観ています。龍潭寺の和尚の台詞が、心に響きなかなかいいだら、遠州弁もあじがあっていいだに、みんなよく見るだに。

  34. 第14回 雨降って、地固まる。。。か? より:

    泥にまみれて、涙とともに、井伊家の領主と百姓が初めて一つになった。

    人の心を動かすヒントが、そこかしこにあって、見応えがあった!

    さて、これから一週間、じっくり観ようかな。。。

  35. けろ より:

    めっちゃ面白いです。
    派手な合戦シーンを期待している人には物足りないかもしれないけど、本来、あの時代は、領主と領民との関係や大名と領主との関係がメインだったろうし、人間模様も面白いと思います。脚本にも必ず楽しませてくれる場面があるし、満足してます。

  36. hosoヤン より:

    視聴者にとって、大河ドラマのテーマが地元であるのか、そうでないのかなどで、大河ドラマに対する好感度が大きく左右するもの。

    「真田丸」は、私にとって地元の大河ドラマだったこともあり、大いに満足できました。

    「直虎」は、そうした贔屓目感情抜きに、井伊谷の郷(里)を守り抜くために命がけで闘う直虎と、それを取り巻く人々の人生模様に着目して、毎回興味深く楽しんでいます。

    これまでの大河ドラマに捉われない脚本、キャスト、自由な展開に、大いな好感と期待を持っています。

  37. 某口コミサイトの感想に より:

    直虎の髪型やはかま姿がおかしいとか演技が幼稚すぎるとか批判する口コミがあるが、私はそうは思わない。それらの身なりにもその行動や態度にも、その人物の今の内面を映す役割がはたらいている。目立つものには、目立たせるだけの意図がある。

    直虎は今、領主として、自分が未熟であること、非力であることを、誰よりも感じているだろう。そして、自分の使命を果たすために女であることを捨てているだろう。なぜなら、男社会の戦国時代にあって女であることは、男に仕えることと同じだからだ。男を従え、統率しなければならない自分の立場に、女であるという意識は邪魔だ。

    そういう直虎の自分の不本意に置かれた立場や使命になんとか順応しようとする未熟ながらも必死な心境が、彼女の佇まいや表情、せりふによく表れている。

    最初から、風格があって、人より頭脳明晰で、落ち着いているのは、人として出来過ぎていて、返ってリアリティがない。

    描かれている場面描写から、存分に洞察し、推測し、そのドラマに秘められている主張や意図を感じとっていく、視聴者にそれをさせるだけの奥深さがこのドラマにはある。

    固定観念だけで捉えようとすれば、そりゃ面白くなかろう。勿体ないことだ。

  38. 何度観ても見飽きない。 より:

    山本学さん演じる長老の甚平が、とてもいい。百姓たちの置かれている苦しい状況が、せつせつと伝わってくる秀逸の演技だ。

    姿を消した百姓の男たちに代わって苗を植えようとする直虎の切実な胸の内を知り感激してひれ伏す甚平に、直虎が涙を浮かべて歩み寄る場面は、何度みてももらい泣きしてしまう。

    その直後の、田んぼに足を取られて思いっきりコケる六左ェ門がまた最高に可笑しくて何度みても笑ってしまう。

  39. 政次の真意はいかに... より:

    直虎と政次は、お互いがピンチになった時、互いに助けてやった間柄だ。直虎は、政次を心から裏切り者とは思っていないだろうし、政次も直虎が軽々しい人物とは思っていないだろう。だから、今川に手の内を知られないように、二人で井伊家を守っていくことはできるはずだ。しかし政次は直虎に何も言わない。あくまで今川に通じた目付の役目を果たし、直虎のやることを妨害している。

    政次ほどの才覚のある人物であれば、好機を利用して乗っ取る野心があっても不思議はない。また、父親もそして自分も、井伊家の他の重臣たちから信頼されていなかった。奥山朝利を政次が殺めた際の会話が示すように、ほかの重臣たちから疑いの心で見られてきた傾向がある。だから政次は、井伊家への忠義を分かってもらえないことの悔しさを幾たびか経験してきただろう。

    人は、経験によって、本来の志を曲げてしまうことがある。武士にとって忠義心を疑われるほど屈辱的なことはないだろう。

    今川の力を利用して井伊家を乗っ取るつもりでいるのが、何かの出来事で翻意することになるのか、それとも、あくまでも井伊家に身を捧げることを自分一人の胸に秘めて、それを全うするつもりでいるのか、政次の真意が気になるところだ。

  40. 黒猫 より:

    意外に面白い。無名の主人公の設定もいい。吉田松陰の女主人公よりずっと生き生きしている展開もよい。柴崎も頑張っている。農民を味方につけるという今までにない工夫も見える。下から盛り上がっていく感じがよい。

  41. 第15回 安心はできない。。。 より:

    これまで今川家を陰で支えてきた老い先短い寿桂尼とこれから井伊家を担っていこうとする直虎の対決は、見応え十分だった。

    臨場感漂うそのやり取りは、観ているこちらまで緊張感が伝わってきた。自分を殺そうと企む相手をいかにして説得するか、直虎の後見人としての力量が試されるイニシエーションともとれる場だと感じた。

    寿桂尼の心の微妙な変化を、視線や表情そして声音で見事に表現した朝丘ルリ子さんはさすがだ。そしてまた、その寿桂尼を前にして、体はかしこみひれ伏しながらも、渾身の技量でそれに対抗した直虎演じる柴崎コウさんも良かった。

    今川の安泰を何より思う寿桂尼、農民の嘆願もあり、その場では直虎に後見を許したが、心の中はこれまで以上に井伊家に危機感を募らせたに違いない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ