おんな城主直虎 13話のあらすじネタバレと感想

Pocket
LINEで送る

NHK大河ドラマおんな城主直虎13話のあらすじネタバレと感想です。

あらすじのネタバレは放送開始前に、感想は放送開始後に追記します。

⇒おんな城主直虎12話のネタバレと感想はこちら

⇒ネタバレと感想記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

おんな城主直虎 13話のあらすじネタバレ

直之「女性に井伊を任せるなど、和尚様、正気とは思えません!」

直之の怒鳴り声が部屋中に響き渡った。

直之「この方は十歳から出家し、お家にすらおられませんでした。そのような女性に国の政治はできないと思います!」

苛立ちを抑えきれない直虎を、目で制した南渓は、冷静に言った。

南渓「駿府からは、但馬を後見にと命じられているが、そのほうがよいとお考えか?」

直之は政次に目をやると、気まずそうに黙り込んだ。

いまだなお、顔色一つ変えない政次に、南渓が尋ねた。

南渓「但馬守はどう思われるか?」

政次「国を治めるのはそう簡単なことではありません。どこまでの覚悟をお持ちなのか、それが多少心配です」

直虎「われは、わが父や先代の遺志をしっかりと継ぎ、井伊の国を守っていくつもりである!」

直虎は政次を睨みつけながら言い放った。

とうに覚悟はできている。

揺らぐことのない硬い決断の元、ここにいるのだ。

政次「それであれば、わたくしのような者が何か申し上げる筋合いではございません。家老として、誠心誠意、直虎様にお仕えさせていただきます」

政次は、気持ち悪いほど丁寧な言い回しでそういうと、深々と頭を下げた。

晴れて虎松の後見となり、井伊谷城の城主として、意欲的な直虎であったが、直之が指摘していたように、政務については自信がなかった。

それもそのはず、何せ経験が全くないのだ。

そんな直虎の心中を察した南渓は、一冊の書物を差し出した。

直虎「『仮名目録』とは?」

南渓「その昔、今川の先々々代の氏親殿が子に代を譲る際、無駄な混乱がおこらないように国を治めるために作った掟で・・・とにかく読んでみなさい」

書物には、家臣の統制から財産相続、けんかの成敗、金や米の貸借など、政治のすべてが細かく書かれていた。

なんとなくわかりそうなものもあったが、借米や借銭の話は、理解するには難しそうだった。

直虎が、次郎として長年身を置いていた寺は、寄付により運営されていたためである。

直虎は、気合を入れ直し、本気で読み始めた。

翌日、政次が大量の書類を持ってきた。

政次「安堵状、検地控え、証文類です。まずはご覧いただいた方がいいかと思いまして」

どさり、どさりと嫌がらせのように書類の束が直虎の前に置かれた。

これを全部・・・。

気が遠くなりそうだった。

立ちはだかる現実の壁

内政の難しさは、すぐに現実の問題として、直虎を苦しめた。

新たな領主のへの挨拶にと訪れた百姓たちに懇願された直虎は瀬戸という村に足を運んだ。

そこには手つかずのまま放置された荒れ地が点在していた。

「桶狭間の戦い」から続く数々の戦で、田を耕すものがいなくなったという。

「このような状態でも年貢は納めなければならないから、銭や米を銭主に借りるしかありません」

つまり、百姓は、年貢と銭主への返済と、二重の支払いに苦しめられているのだ。

甚兵衛という案内役の年老いた農夫は、土の上にいきなり土下座し懇願した。

「ご領主様、『徳政令』をお願いいたします!」

徳政令…貸借関係の一切を白紙に戻すように領主が発する、貧民救済のための法令だ。

「そうしてくだされば、また村を再建することができます!」

「よし、分かった。すぐに準備をしよう」と、直虎は即答した。

同行していた直之は、驚き慌てふためいた。

直之「そんな大切なことを簡単に了承してしまってはなりません!」

直虎「かまわぬ。領主はわれじゃ」

満足げな直虎と、怒りと不安を抱えた直之が館に戻ると、そこには血相を変えた六左衛門がいた。

六左衛門「このままでは井伊は潰れてしまいます!」

束になった借用書を見せられ、直虎は思わずのけぞった。

直虎「銭二十貫文、銭十五貫文、銭三十貫文・・・」

六左衛門「度重なる戦の準備のために、商人から借り入れをしていたようで・・・」

書面に書かれてあった、瀬戸方久という名前を見て直虎は驚いた。

百姓の甚兵衛が言っていた銭主の名と同じだったのだ。

直虎「井伊も、方久とやらから金を借りているということか・・・」

と、その時「瀬戸の、方久様とおっしゃるお方にございます」との声が響いた。

そこにいた直虎たち三人は、目を丸くして顔を見合わせた。

スポンサーリンク

交渉相手は・・・

方久「ご領主様の代替わりを伺い、お祝いに参りました。瀬戸村の方久と申します」

直虎「苦しゅうない。面を上げい」

気丈に努めねばと意気込んでいた直虎は、男の顔を見て、拍子抜けした。

直虎「どこかで・・・会うたことはないか?」

方久「ございますよ」

袂からわらの束を取り出しながら方久は叫んだ。

方久「変わり者どうし、仲よくやろう」

わらの匂いと男の声が直虎の記憶を呼び起こした。

幼いころ、井伊谷から消えた亀之丞を追って家を飛び出し、彷徨い続け夜道に見つけた・・・。

直虎「お主は、あのときの!われを泊めてくれた。なのに、われを売った!」

方久「そうでございます」

直虎は奇跡的な再開に興奮気味に言った。

直虎「そうか!そなたが方久であったか」

懐かしさを交えながら、方久はそれからのことを話し始めた。

とわを突き出した褒美に金をもらい、それを元手に、浜名湖畔で余った魚を安く買い、干物にして売りさばいた。

そしてそのもうけで潰れかけた茶屋を買い、安くで茶を提供すれば、これがまた大当たりで商売繁盛。

するとその茶屋に人が集まり、次の戦の情報が飛び交うようになり、それをもとに戦場で商売を始めるようになった。

方久「戦中は食べ物や薬を仕入れて売り、戦が終わったら、刀剣や鎧などを拾い集め、次の合戦の場に持ち込むことを繰り返し・・・」

ほぼ泥棒のようにも聞こえるが、この男には、銭を動かす才能があると直虎は直感した。

その勘を裏付けるかのように方久がふざけた様子で言った。

方久「私は銭の犬です。しかし、「わん」ではなく銭を求めて「貫」と泣きます。うー、カンカンカンー」

直虎は笑いながら、身を乗り出し単刀直入に言った。

直虎「早速一つ頼みがあるんだが・・・。瀬戸村の借金をなかったことにしてはくれないか」

あまりの唐突さと内容に呆気にとられる方久に、直虎は百姓との約束を明かした。

「直虎様というのは、おもしろいお方です!」と笑い、方久は快諾した。

ただし!

井伊に貸している銭を、今すぐここで全額揃えて返してくれるなら、と言う。

直虎「そんなこと、できるわけがないであろう」

方久「わかりました。返済は少しずつ時間をかけてで結構です」

こちらを立てればあちらが立たず・・・

その夜、さっそく直虎、直之、六左衛門は三人で、井伊家の借財や年貢の見直しを行った。

財政は、思っていた以上に悪く、まさに火の車だった。

方久への返済だけで、ざっと三十年ほどかかる計算だ。

肩を落とす直虎に、やけっぱちになった直之が言った。

直之「結局、徳政令を出さなければ済む話だろう」

直虎「しかし、百姓たちと約束してしまったではないか」

直之「そのまま知らぬ顔で放っておけば、そのうち諦めるでしょう」

直虎は、取り消すほか方法はないものか・・・と、天を仰いだ。

翌日、館の庭に多くの人が集まっていた。

徳政令の話を聞いた隣の祝田村の者たちが押し寄せてきたのだ。

「徳政令を出すのであれば、ぜひ我らの方にも出してください。お願いします!」

手を合わせ直虎を拝むものや、期待に胸を膨らませている者たちでごった返した。

その様子を見かねた直虎は、苦渋の決断を下した。

直虎「その話だが・・・徳政令は出せない。今それを出してしまったら井伊家も潰れてしまうのだ」

一瞬静まり返ったかと思うとすぐに、百姓たちの表情は曇り、怒涛が飛び交った。

直虎「とにかく今は出せない!」

背を向け逃げるように去っていく直虎の背中には、悲鳴と怒号が、投げつけられた。

翌日から直虎は、あちらこちらの農村をこっそりと見回った。

田植えの時期が近づき、どの村でも、百姓たちが汗水たらして必死に働いていた。

老人と女、子どもが多く、働き盛りの男の姿は少なかった。

このままでは井伊家は、放っておいてもいずれ滅びてしまうことはだれの目にも明らかであった。

直虎「このまま百姓たちを見放すわけにはいかない・・・」

徳政令とは違う方法でどうにかして百姓を助ける手立てはないものだろうか・・・。

揃わない足並み

「銭の犬。うー、カンカンカンー!」

方久の顔と声が浮かんだ瞬間、直虎はあることをひらめいた。

方久を家臣として迎え入れ、瀬戸と祝田の両村を所領として与えれば、方久には年貢が入る。

年貢を納める代わりにしばらくの間、借財の返済を待ってもらう。

百姓たちはその間、年貢のみを納めればよいことになる。

そして、村で新たな商売を始め、百姓たちが別の方法でお金を稼げるようになれば、おのずと返済できるようになる。

そうだ!方久に面倒を見させればいい!

直虎は急いで方久に話を持ちかけ、南渓の賛同も得たうえで、評定を開いた。

直虎の必死の策にあったにもかかわらず、家臣たちは強く反発した。

直之「由緒ある井伊家に、どこの馬の骨ともわからないような商人を加えるなど、亡き父上たちに顔向けできません!それがしは、そのような家に仕えるのは遠慮したい!」

直之が言うと、六左衛門も怒りをあらわに申し出た。

六左衛門「そもそも瀬戸村は新野の娘たちのご所領です。また、祝田はわが妹・しのの所領です。妹と直親様の思い出の詰まった土地でもあります!」

とんでもない話だと言わんばかりに、聞く耳も持たず足早に二人は部屋を出た。

政次「では、わたしもこれで失礼いたします」

一人黙って聞いていた政次が、薄ら笑いを浮かべながら去っていった。

直虎「嫌な思いをさせてしまったな・・・」

方久「慣れていますから」

全く気にしていない様子の方久は、直虎を見て言った。

方久「村が豊かになれば、きっと皆、手のひらを返したように言うでしょう。直虎様のおかげだ!あのときのご決断は素晴らしかったと。あの分からず屋どもをぎゃふんと言わせてやりましょう」

こわばっていた直虎の表情は、ほころんだ。

ほっとしたのもつかの間、新たな知らせが飛び込んできた。

「瀬戸村と祝田村の百姓らが、徳政令を出すよう、今川に直訴したようです!」

直虎の顔は一瞬にして凍り付いた。


以上、NHK大河ドラマおんな城主直虎13話のあらすじネタバレでした。

感想は放送終了後に追記します。

⇒おんな城主直虎14話のネタバレと感想へ

⇒ネタバレと感想記事の一覧はこちら

⇒視聴率速報はこちら

⇒キャスト&相関図はこちら

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ