おんな城主直虎 12話のあらすじネタバレと感想

Pocket
LINEで送る

NHK大河ドラマおんな城主直虎12話のあらすじネタバレと感想です。

あらすじのネタバレは放送開始前に、感想は放送開始後に追記します。

⇒おんな城主直虎11話のネタバレと感想はこちら

⇒ネタバレと感想記事の一覧はこちら

スポンサーリンク

おんな城主直虎 12話のあらすじネタバレ

十二月中旬のある朝,、直親は家臣十八人を従え、井伊谷を後にした。

この地方にしては珍しく寒い日で、時折雪がちらつき、凍てつく風が頬を刺した。

多くのものが一行の見送りをしていたが、その列に次郎の姿はなかった。

次郎「ご初代様。どうか、お助けください、直親を・・・井伊を・・・どうか・・・どうか・・・」

次郎は1人、寺の井戸端で、身を切るような冷たさの水を、頭から何度も何度もかぶっていた。

不吉な予感を断ち切るために、いてもたってもいられなかった。

次郎「無事に戻れますように・・・」

体の感覚が消え、意識が遠のいてもなお、皆の無事を祈り続けた。

そこに乾いた布が差し出され、直親が微笑みながら立っていた。

安堵した瞬間、次郎は膝から崩れ落ちた。

直親「おとわ・・・」

同じころ直親も、次郎の幻影を見ていた。

赤く染まった雪の上に横たえた、無残に切り裂かれた体は、ぴくりとも動かなかった。

直親たち一行は、道中に待ち伏せしていた今川方の者たちに囲み討ちされ、一人残らず斬り捨てられていた。

直親「井伊は・・・井伊谷は、どっちだ・・・」

風雪の中、直親はおとわへと手を伸ばしながら前のめりに倒れた。

まさしく、父・直満の死を彷彿とさせるものであった。

唯一の違いと言えば、直親には説明の機会も、自ら命を絶つことさえも許されず、問答無用に斬殺されたことである。

直平「これでは、なぶり殺しではないか!」

子の直満、孫の直盛、娘の佐名、そして今また孫の直親を失った直平は、悲しみに怒り狂った。

生きる苦しみ

次郎は朦朧とした意識の中、母の手のぬくもりをを感じた気がした。

「直親、手を離しなさい。とわを連れていってはいけない!」

母の声のようだったが、何を言っているのか、よく分からなかった。

目を覚ました次郎は、井戸端で気を失い、二、三日もの間、生死の境をさまよっていたのだと聞かされ、我に返った。

と、そのとき!

昊天「殿のお帰りだ!」

昊天の声が響き渡った。

直親!

次郎は必死の思いで布団から這いだし、おぼつかない足取りで歩きだした。

そしてすぐに目を覚ましたことを後悔した。

境内には、目を閉じ横たわる孫一郎や藤七郎たちがいた。

そしてその中には・・・

次郎「亀・・・直、親・・・?」

乾いた血が黒くこびりついた青白い顔に、次郎がふいに手を触れようとした瞬間、ぴしゃりとその手が払われた。

しの「触るな!私の夫だ!」

目を充血させながら怒りに満ち溢れた顔の、しのが立っていた。

しの「お前が殺したようなものだ。何もかも、お前のせいだ!よくも呑気な顔でいられたもんだ!」

やり場のない怒りを全力でぶつけてくしのを制すように、、妹のなつが前に出た。

なつ「次郎様、姉は悲しみのあまり、自分を見失っています。どうかお許しください・・・」

次郎「いや・・・しの様のおっしゃるとおりだ・・・」

次郎そう言うと、ふらふらとした足取りで去っていった。

次郎の記憶はそこで途絶え、それからの数日をどう過ごしていたのか、思い出せずにいた。

ふと耳に届いたのは、読経の声だった。

直親の葬儀・・・私も経をあげに行かなければ。

思いとは裏腹に体が全く動かなかった。

「おとわ、あの経を聞かせてくれないか」直親の声だ。

次郎は必死に経を読もうとしたが、のどが詰まり、ひと言も発することができなかった。

なおも続く今川の支配

井伊家と松平家との陰謀を疑う今川氏真の追及と苛立ちは収まるところを知らず、井伊家への圧力は執拗に続いた。

直親の忘れ形見である、まだ二歳の虎松を殺せと命令を下したのである。

左馬助「わたしが駿府へ参りましょう」

そう言ったのは、目付の新野左馬助だった。

自らの命を差し出す覚悟で氏真に掛け合ってくれた左馬助のおかげで、なんとか虎松の命だけは助けてもらった。

ただし、一つだけ条件があった。

南渓「おおじじ様が、戦いに行くことが決まった」

久々に顔を合わせたかと思いきや、唐突な南渓の発言に次郎は耳を疑った。

直親を失って以来、全てのことに目をつぶり、耳をふさいでただひたすらに経を唱えてきた次郎に、ようやく届いた言葉であった。

次郎「おおじじ様は七十歳を過ぎたご高齢ではないですか!何故戦になど・・・」

納得のいかない次郎が井伊の館へ行くと、そこでは直平と左馬助、城代の中野直由が酒を酌み交わしていた。

直平「我々が今後、今川の戦の手伝いに出ることが、虎松の命を助けるための条件だったのだ」

淡々と答える直平に、呆然と立ち尽くす次郎・・・。

そこに直由が重ねて言った。

直由「井伊にはもう、戦の采配ができる男は、私たち以外におりません」

次郎「もしこの三方がいなくなったら、井伊はどうなるのですか?」

直平「我々は必ず戻ってくる。仮にその『もしも』が起こったとしても、それはもはや宿命である」

直平は、全てを悟り、超越したかのように、薄ら笑いすら浮かべている。

その顔に胸騒ぎを覚えながら、次郎はただひたすら手を合わせ、願い、祈ることしかできなかった。

しかし次郎の懸命な願いも、祈りも、届きはしなかった。

その年、今川家のために出陣した直平は、身内内での毒殺と噂されるような不審な死により生涯を終えた。

さらにその翌年、左馬助と直由は、別の戦でいとも簡単に命を落とした。

こうして、井伊家を束ねる男は誰もいなくなった。

平安の昔から、五百余年にわたって続いた井伊家は、いまだかつてない窮地に立たされた。

スポンサーリンク

絶望の再会

翌永禄八年、春。

井伊谷に、思いもよらない顔があった。

駿府に行ったきり音沙汰がなく、今川とともに直親殺害を計画していたのではないかと噂されていた小野但馬守政次である。

今川のつけてくれた三人の新しい目付とともに、堂々と現れたのである。

当主のいない井伊家を訪れ、祐椿尼と対面した政次は、とんでもないことを言い出した。

政次「太守様のご意向により、今日から、わたしが虎松様の後見にならせてもらいます」

祐椿尼の顔から、一瞬で血の気が失せた。

祐椿尼「お待ちなさい!いくら太守様でも、井伊の家督にまで口を挟むことはできないはずです!」

政次「家督は虎松様です。わたしは、ただの後見です。これは命令でございます」

唯一相談できる相手を求め、祐椿尼は龍潭寺へ急ぎ、南渓の姿を探した。

次郎「生きていたのか、政次・・・」

井戸端で目にした政次に、次郎は次郎はしばらく現実化幻想かわからない様子であった。

ああ、と政次が答えた。

政次「直親の裏切りがばれて、今川に捕まっていたのだ。井伊を束ねるものが誰もいなくなったから、戻されたというわけだ」

次郎は、何かが以前の政次と違っている気がしてならなかった。

なぜ、皆が無残な死を遂げていったのに、政次だけ平然と助かっているのだ。

なぜだ?

政次の冷淡な瞳の奥を見据えた次郎は、幼なじみが裏切ったことを、直感した。

次郎「裏切るつもりで裏切ったのか、それとも、そうせざるを得なかったのか・・・」

政次「恨むなら、直親を恨め!失敗したのはあいつだ。何度も同じようなことを繰り返し、井伊は自らの手で終止符を打ったのだ」

笑みすら浮かべながら言い放ち、政次は去っていった。

生きてこそ・・・直虎誕生

直親を恨め?

得も言われぬ怒りに包まれた次郎は、傑山の槍をかつぎ、政次を追いかけようとした。

南渓「鶴を狩りにでも行くのか?」

そこへふと南渓が現れ、行く手をふさいだ。

我に返った次郎に、悲しみの波が押し寄せた。

槍を地面に突き立て、次郎は思い切り叫んだ。

次郎「われのせいで直親は死んだ!藤七郎も孫一郎も、おおじじ様も、左馬助伯父上も中野殿も!皆・・・皆死んでしまった。われは災いをもたらすことしかできない!」

南渓「己を責めても、死んだ者は帰らない」

地面に突き刺さった槍を抜きながら、南渓が言った。

南渓「しかし、死んだ者を己の中で生かすことはできる。例えば、思うことで。例えば、真似ることで。ときには、真似ないで。・・・ほかには、ないかの?」

直親を生かす?そんなことはできない。

私にできること・・・できることがあるとしたらそれは・・・。

南渓の目をしっかりと見つめ、次郎は断言した。

次郎「亀に、この身を捧げる。われは、亀の魂を宿し、亀となって、生きていく!」

南渓「それが、お主の出した答えなんだな」

次郎は力強くうなずくと、一気に涙腺が緩み大粒の涙がこぼれた。

南渓「井伊は今まさに存亡の危機を迎え、大きな岐路に立たされている」

井伊の館で、政次と新たな三人の目付の近藤康用・鈴木重時・菅沼忠久と、奥山家を継いだ六左衛門、中野家を継いだ直之を前に、南渓が声を張った。

南渓「次に家督を継ぐ虎松は、まだ幼すぎる。僧という立場でまことに僭越ながら、井伊に名を連ねる者として、虎松の後見人を推薦したい」

誰が指名されるのか想像もつかない中、一同は南渓の言葉に耳を傾け、固唾をのんで見守った。

そこに南渓が、図太い声をあげた。

南渓「その者の名は、井伊直虎と申す」

なおとら?聞き覚えのない名前に、一同がざわついた。

襖がからりと開き、そこに立つ姿に、顔に、誰もが一瞬言葉を失った。

立っていたのは、華やかな衣装を身にまとった次郎であった。

沈黙する室内の空気を切り裂くかのように次郎が宣言した。

次郎「われが、井伊直虎である!」

攻撃的なまなざしの政次を跳ねのけるように続けた。

次郎「これより井伊は、われが治めるところとなる!」

とわでも次郎法師でもない、井伊の運命を握る新たな領主「井伊直虎」の誕生である。


以上、NHK大河ドラマおんな城主直虎12話のあらすじネタバレでした。

感想は放送終了後に追記します。

⇒おんな城主直虎13話のネタバレと感想へ

⇒ネタバレと感想記事の一覧はこちら

⇒視聴率速報はこちら

⇒キャスト&相関図はこちら

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ